【重要】2022年リリースのYZF-R25・YZF-R3 WGP 60th Anniversary車両に関してのお知らせ

2022/05/18

 

2022年5月25日リリースのYZF-R25(車両型式 8BK-RG74J)ですが現在スリップオン及びフルエキゾーストを開発予定です。

2015~2021YZF-R25/R3用スリップオン及びフルエキゾーストは流用使用出来ませんので、ご購入の際はご注意願います様宜しくお願い致します。

 

また6月15日にリリースされる YZF-R3 WGP 60th Anniversary車両(車両型式 8BL-RH21J)に関しまして車両型式及びマフラーの仕様が異なりますので2015~2021YZF-R25/R3用スリップオンの流用装着は出来ません。

※ 5月18日現在、YZF-R3に関しましてはYZF-R3  60th Anniversary車両のみ新型式車両になっている事を確認しております。

弊社マフラーをご購入の際は、必ず『車両型式』をご確認の上、ご購入を宜しくお願い致します。

※ 万が一、2015~2021YZF-R25用を装着しますと、音量が法定基準値を著しく超える事が確認されており、「違法改造車両」となりますので、くれぐれもご注意頂けます様、重ねてお願い致します。

 

 

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

2022/04/08

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

ゴールデンウィーク休暇が決まりましたのでお知らせさせて頂きます。

4月28日(木)             通常営業日 ※ゴールデンウィーク前最終出荷日(午前中)

4月29日(祝日)           祝日休業日

4月30日(土)~5月5日(木)    ゴールデンウィーク休暇

5月6日(金)              通常営業日 ※通常出荷日(午前中)

5月7日(土) ・ 5月8日(日)   通常休業日

5月9日(月)~            通常営業日 

となっております。

休暇中は皆様に大変ご不便・ご迷惑をお掛けしますが何卒ご理解頂けます様宜しくお願い申し上げます。

2022年モデルGSX-R125/GSX-S125に関してのお知らせ

2022/03/24

4月27日にリリースとなる2022年モデルGSX-R125/GSX-S125に関してですが、~2021年GSX-R125/GSX-S125のマフラーは車両型式の違いにより装着頂けません。

・~2021年GSX-R125/GSX-S125  車両型式 【2BJ-DL33B】

・2022年~GSX-R125/GSX-S125  車両型式 【8BJ-DL33D】 

尚、2022年モデルに関しましては改めてJMCA認証試験を受験・合格したのちリリースを予定しています。

詳細が決まり次第、お知らせ致しますのでご理解宜しくお願い致します。

よくあるご質問(FAQ)を掲載しました。※随時更新します。

2022/02/16

□□□よくあるご質問を掲載しましたのでご参考にして頂ければと思います。□□□

 

Q. 製品サポートページのリペアパーツを注文したいのですが?

A 弊社までお電話かメールでご注文頂けましたら佐川代引にてご購入頂けます。※送料・代引き手数料880円。(全国一律料金です)


Q. マフラーを直接購入したいのですが可能ですか?

A 弊社は基本的にマフラー本体の直販は行なっておりません。各販売店様でお買い求め頂ければ幸いです。


Q. マフラーの確実な適合を知るにはどうしたら良いでしょうか?「年式?車両型式?」に関して。【NEW】

A 各製品ページ車種名の横に車両型式を掲載されていますので、必ず車両型式をご確認下さい。(年式よりも車両型式重視です。)


Q. そちら(弊社)で購入すれば、マフラーの取り付けは可能ですか?

A 現在、弊社では販売・取り付け作業は行なっておりません。各販売店様でお買い求め頂ければ幸いです。


Q. マフラー交換したらセッティングが必要だとネット等で見ましたが?

A 弊社製品はノーマル車両で得られるパフォーマンスを最大限発揮出来る様に開発しており、セッティングの必要はございません。


Q. 排ガス証明書をなくしたのですが再発行可能でしょうか?

A 弊社ホームページのトップページ下にある排ガス成績書の再発行フォームがありますのでそちらからお手続き頂けます。


Q. マフラーの音量をもう少し下げたいのですが可能でしょうか?

A 厳しい公的試験を合格したJMCA認証マフラーは音量を下げる場合においても合格後の構造変更が出来ません。音量に関しては

近接・加速騒音値に対してしっかり合格しているマフラーになりますのでご理解頂ければと思います。


Q. サイレンサーのインナーバッフルを取り外す事は可能ですか?

A  インナーバッフルは溶接固定されており取り外せません。またインナーバッフルを取り外す行為は違法となりますのでご注意下さい。


Q. サイレンサーのタイプにインナーバッフルが取り外せた物があったと思いますが?

A 弊社がJMCAに加入する以前の商品になります。現在販売している商品は全てJMCA商品となり、バッフルは取り外せません。また、以前に販売していたマフラーにおいてもしっかりインナーバッフルを装着し、音量が規定値以内である場合はそれぞれの専用車種において決して違法マフラーではございませんし、車検も通ります。グラスウール交換等にも対応していますのでアフターメンテが必要な場合は弊社までご相談下さい。


Q. ネットオークション等で今でも以前のサイレンサーが新品で売られているのを見ますが

A 間違いなく弊社製品のコピー商品で贋物です。中国から悪質な業者が贋物を販売している様で弊社も警戒を続けています。現在、弊社はアルミサイレンサーの販売は行なっておらず、新品で見かけた場合は間違いなく贋物ですのでご注意下さい。


Q. 中古で購入したWR’Sマフラーが本物か調べたいのですがお願い出来ますか?

A 申し訳ございませんが承っておりません。中古でご購入の際は自己責任の上、自身でご判断願います。


Q. サイレンサーが破損し、車種違いのサイレンサー(中古)を購入したのですが、認証番号が違うのでJMCA認証プレートの打ち替えは可能でしょうか?

A 弊社JMCA認証マフラーは専用車種及び、スリップオンならスリップオン専用、フルエキならフルエキ専用設計となりますので、車種によって構造も異なる事から、認証プレートのみの打ち替え作業は行なっていません。必ず該当車種の専用品をご使用下さい。


Q. JMCA認証(認定)前の商品を購入する事は可能ですか?

A JMCA認証(認定)マフラー以外の商品は全て廃盤となっていますので現在はご購入頂けません。


Q. マフラーの流用が出来ないと聞いたのですが何故ですか?

A JMCA認証マフラーは車両型式毎に試験を受験・合格しており、現在の法律では車両型式が違うバイクに装着すると違法マフラーになります。


Q. 車両型式が同じであっても装着が出来ないマフラーがありますか?

A 同じ車両型式であっても流用装着が出来ない場合がございます。例えば2017CBR250RRと2020CBR250RRと比較した場合、2020CBR250RRの方が馬力が高く、この場合は同じ車両型式でも別々の車両と判断され、個別に公的試験の受験・合格が必要となります。弊社の場合、2017年式と2020年式はそれぞれ専用設計で公的試験を合格しており、商品(品番)も専用設計で販売しております。※互いの流用は出来ません。


Q. 現在装着しているスリップオンをフルエキにしたいのですが、フロントパイプのみの購入は可能でしょうか?

A 弊社の場合、スリップオンとフルエキでは管長や仕様が全く異なりますので、スリップオンからフルエキには変更(装着)出来ません。またサイレンサー自体もスリップオンとフルエキでは構造・仕様が違いますのでご注意下さい。


Q. 現在装着しているスリップオンマフラーに他社さんのエキパイを組み合わせたいのですが可能でしょうか?

A 弊社スリップオンはノーマルエキパイに対し公的試験を受験・合格したマフラーになります。他社製エキパイとの組み合わせは違法改造となりますので、十分ご注意下さい。


Q. グラスウール交換をお願いしたいのですが可能でしょうか?

A グラスウール交換はメンテナンス作業として受け付けております。予めメール等で打ち合わせをさせて頂ければスムーズです。


Q. サイレンサーが転倒で凹んだのですが、修理は可能でしょうか?

A 基本的に凹みは修理ではなく、サイレンサーシェル交換という事で対応させて頂いています。※価格はは製品サポートに掲載しています。


 

グラディウス400/650用スリップオンマフラー 廃盤終了しました。

2022/02/14

長らくご愛顧頂いてきました『グラディウス400/650用スリップオンマフラー』ですが、令和4年2月10日を持ちまして在庫分全てが売り切れとなり、販売終了となりました事をお知らせ致します。

【廃盤となった商品】

・グラディウス400(車両型式 EBL-VK58A) チタンオーバルスリップオン BT3410JM

・グラディウス650(車両型式 CX111)     チタンオーバルスリップオン BT3420JM

尚、グラスウール交換等のリペアサービスは引き続き行なっておりますので宜しくお願い致します。