top HONDA CBR400マフラー
wr's(ダブルアールズ)
製品案内お知らせ製品サポートお問い合わせ

【CBR400R】


ステンレス/カーボン 
 



ステンレス/ステンレス
 



ステンレス/焼き色(ラウンド)

 



ステンレス/チタン
 



ステンレス/チタンオーバル

 



ステンレス/チタンオーバル(焼き色) 

 



ベンチテストにより徹底的に性能をチェック、CBR400Rの性能をより活かすべく開発しました。アクセルレスポンスの改善、低中速域のトルク・パワーUPによって回転の繋がりが更にスムーズに。センターパイプ前部にφ42.7→φ50テーパーパイプを採用する事により、ストレスのない吹け上がりを実現。

今回、オーバルチタン(六角形)を新たに採用。ショートながら十分な消音面積を確保しつつ、この形状から放たれる音質はツインの切れ味と共にマイルドな音質を実現。心地よいサウンドを堪能頂けます。

※スリップオンマフラー取り付け時に必要な
ジョイントガスケットを付属して下ります。
材質(オーバルタイプ) 品番 価格(税抜) 近接騒音値 加速騒音値 オイルフィルター オイルドレン STD&タンデムステップ
ステンレス/チタンオーバル OV1420JM \53,000- 88db 75db
ステンレス/チタンオーバル(焼き色) SV1420JM \57,000- 88db 75db
 材質(ラウンドタイプ)  品番  価格(税抜) 近接騒音値  加速騒音値  オイルフィルター   オイルドレン STD&タンデムステップ 
 ステンレス/ステンレス BF1420JM \38,000- 90db 78db 
 ステンレス/チタン BT1420JM \46,000- 90db 78db  ○
 ステンレス/カーボン BC1420JM \48,000- 90db 78db   ○
 ステンレス/焼き色(ラウンド) BK1420JM \49,000- 90db 78db   ○  ○ ○ 

【CBR400R】
WR'Sリアエキゾースト(JMCA認定)
                     なが
開発者の「」コメント
【CBR400R/CB400F/400X】
WR'Sリヤエキゾースト JMCA認証マフラー
 
「パワフルで扱いやすい新開発エンジン。」
そう謳われている通り、非常にスムーズな特性ながら、高回転域まで力強く綺麗に回るこのエンジンは誰が乗っても
快適・安心かつ、バイクに乗るのが上手くなったかのような気持ちにさせてくれるいいバイクです。
ホンダってホント凄いよなぁ”!って関心してしまいます。
 
スリップオンマフラー開発にあたり、この良く出来た特性のエンジンがどんなふうに変わるんだろう?いや変えれるのか?
といった感じでいつもと違う感覚で開発に入って行った気がします。
 
開発スタートは長めのセンターパイプから始めましたがその理由はノーマルでのベンチテストから、パイプを長くする事で
中速域を更に良く出来るのでは?との考えもありテストしてみたものの、結果として基本的なパワーカーブは変わらず
逆に少しパワーダウンする感じでした。
 
正直、何をやってもそんな変わらないイメージでのスタートとなりましたが、パイプを長くした事でレスポンスが若干悪く
なった様にも感じ、更にはデザイン面でもパッとしないので、むしろ最初のデータが悪かったのは反面ホッとしました。
 
センターパイプを短くし、低速域で効果があるであろう、仕込んだディフェーザーを外してみると、アクセルのレスポンス、
そして6速全開で10,000rpmまで吹け上がるまでの時間が短くなり、顕著に良い方向性に進んで行きました。
(実は、アクセルレスポンスや中速域の改善に繋がると思ってたディフェーザーが結果として、邪魔をしていました。)
 
いろんな長さやサイレンサー内部構造を変えてトライしたものの、ノーマルデータと殆んど変わらないグラフを示していた
のが、ディフェーザーを外した事により、本来の方向が見えて来た感じです。
 
車種や排気量によって入れるディフェーザーを変えますが、「入れた方がいい」と先入観を持った事で、開発自体は、
少し遠回りしてしまいましたね(笑)
 
センターパイプ入口をコニカルパイプ(テーパー仕様)にする等、スムーズに吹け上がる特性を目指した結果、デザイン
面も含めてかなり満足のいくスリップオンマフラーに仕上がったと思います。
 
開発自体はCBR400Rで行いましたが、CB400F、そして400Xに装着してもかなりスタイリッシュかつ元気なイメージに
その姿を変貌させてくれます。
どのバイクにも似合うデザインに仕上がったと思っています。
 
音質面では静寂なエンジンから放つツインエンジンの心地よさをより感じて頂ける様、ツインサウンドを強調しつつも、
うるさ過ぎず、ロングツーリングでも気持ち良くドライブ出来る様に「音量でなく音質」を調教しました。
 
バリエーションはチタンオーバルが2種類、ラウンド(真円)タイプが4種類と合計6種類をご用意。
 
それぞれのバイクに似会う、お気に入りのサイレンサータイプを選んで頂けたらと考えています。
(スリップオンマフラー交換時に必要なジョイントガスケットを付属しています。)
 
※ 詳しくはCBR400Rの開発者ブログで!
 
注意) 400X専用オプションのセンタースタンド及びパニアケース装着車両は弊社マフラーの取り付けが出来ません。

車種別ラインアップTOP