top カワサキ,ニンジャ250r,マフラー
wr's(ダブルアールズ)
製品案内お知らせ製品サポートお問い合わせ

【NINJA250R】

   
マウスを合わせると画像が変わります。
ダブルアールズよりJMCA認定カワサキ「NINJA250R/ニンジャ250R」リアエキゾーストがリリース!サイレンサーは軽量、質感高いチタンを選択。「WR'S POWER」を堪能して下さい。
【音量】 92デジベル
【オイルドレン】 ○
【オイルフィルター】 ○
【センタースタンド】 -
【タンデムステップ・STDステップ】 ○

ダブルアールズ携帯ページNINJA250Rに直接アクセス出来ます。
材質 品番 価格(税抜)
チタンサイレンサーリアエキゾースト BT4203JM \53,000-

【NINJA250R】
WR'Sリアエキゾースト(JMCA認定)
                     なが
開発者の「」コメント
長らくお待たせしました。
NINJA250Rはタウンユースのみならず、いろんなシチュエーションにおいて楽しさを追求していけそうなこのバイクは今後のミドルクラスの方向性に少なからず
良い影響を与えてくれそうです。
250ccらしからぬそのスタイル、スリムで軽量な車体、跨ってみると見た目と違いすごく楽なポジショリング等、手軽な楽しさ満載のバイクだと思います。
エンジンパワーに関しては数字だけ見ると「何でこんな非力なん?」と感じますが乗って見るとネガなイメージは消え、非常に楽しく加速感も思った以上に感じられ数字だけではないパワーを余す事無く堪能出来ます。

ミッション、二次減速比、吸気系がインジェクションである事等が高い次元でマッチしているのだと思います。(非常に楽しい!)ただ、個人的にはマフラーが車体の割には大きく見えて車体バランスはちょっと(?)な感じです。
スリムな車体に似合うスマートなサイレンサーでちょっとレーシーな気分にさせてくれる、そんなスリップオンを開発の目標としてスタートしました。

ノーマルマフラーをテール部から取り外すと現れたテールパイプは400ccのエキパイを連想する程の細さで何とも頼りなく、また素材の生地のままで未研磨なのでビジュアル的にも非常に悪いそのテール部はスリップオンにした時に目立ってしまい、せっかく装着したマフラーも台無しになってしまいます。
ノーマルのサイレンサー部手前のカバーはこれを隠す為かと半分関心、半分あきれてしまいました。(コストダウンの為、致し方ないですが)

テール部に目をつむってスリップオンを製作するにはプロとして「芸」が無さすぎるのでいろいろトライした結果、パイプ部をダミーパイプで隠す事にしました。
当然ながらダミーパイプとテール本体は一体式で違和感が無く仕上げましたのでご安心を。
見た目はテールパイプがコニカル状に徐々に太くなっている様に見え、開発当初の目標であるレーシーなスタイルに近づく事が出来、またサイレンサー内部にではなく、テール部に環境に配慮したハニカム触媒を採用する事でサイレンサーの消音する面積を効率よく確保出来た結果、よりスリムでスマートなショートオーバルサイレンサーが完成しました。

サイレンサー寸法は車体に合わせた専用設計で音量もしっかり規制値をクリア。
音量 92db 水没試験も同じ92dbでJMCA認定品。排ガス試験成績書付属。
ノーマルの力強いトルク感を活かしつつ、更に洗練されたスリップオンは騒音面、環境面においても安心してご使用頂けると思います。

開発時間を費やした分、NINJA 250Rに良く似合うマフラーに完成出来たと思います。

車種別ラインアップTOP